寝室

twitter google+ LINE はてなブックマーク

寝室は個室と兼ねる人が多いかと思います。個室と共に読み進めましょう。

ベッド

新しいベッドを購入したときに、古いベッドも手元に残してしまう、という人がいるかもしれませんが、そのようなことをせずに、しっかりと回収してもらいましょう。

物が大きく、なかなか個人では捨てにくいもののため、処理できるときに処理するのが重要です。

布団、敷布団、毛布

必要枚数以上のものを持たないようにしましょう。来客がある人もいるかと思いますので、ある程度余分に保有しておく必要があるかもしれません。ですが、それが過ぎると収納スペースを圧迫する要因になります。いざとなれば、冷暖房で温度調節をして、掛けるものは少なくてもかまわないかと思います。

枕カバー

多くても一人二つまでで良いでしょう。一つ使っている間にもう一つを洗濯します。枕カバーに限りませんが、洗濯をマメにすることで、手持ちの衣類等を少なくても生活することができます。

寝間着

寝間着は一人二つあれば十分です。また、ジャージなどを活用することで、部屋着と共用することもできます。枕カバーでも述べましたが、一つを使っている間にもう一つの洗濯をして、必要以上に増やさないようにしましょう。