洗面所

twitter google+ LINE はてなブックマーク

洗面所においてあるであろう物を取り上げています。

化粧品

化粧品は必要なものだけおいておき、使わないものは捨ててしまいましょう。

特に、サンプルとしてもらったもので、使わずにいるものや、同じ役割を果たすもので別のメーカーのものを購入した場合などは、古いほうや使っていないものを捨てていきます。

化粧品は使用期限のあるものですので、使用期限が過ぎたものも処分しましょう。

アクセサリー

身に付けるアクセサリーで、もう使わないもので価値もあまり無いものは処分してしまいましょう。記念に貰ったものなど、捨てにくいものはどこかにまとめて箱に入れておくと良いかと思われます。

櫛は一つか二つあれば十分かと思われます。家族で暮らしていて、それぞれ別の櫛を使うのであれば人数分必要になりますが、そうでないのであれば、必要最低限の数だけ用意しておき、それ以外は捨ててしまいましょう。

特に手鏡は複数持っていても手の数が限られているため、使用ができません。一つか二つあれば十分でしょう。コンパクトな鏡は化粧品についていることもありますので、別途持つ必要はないかと思われます。

ドライヤー

よほど特殊な機能のあるドライヤーで無い限り、一つあれば十分でしょう。家族間で使用する場合も同様です。アタッチメントの都合で複数用意しなければいけない場合は、アタッチメントを別途購入できないかを検討してみるのもよいかもしれません。

タオル

主に人数分の2倍あれば十分かと思われます。洗濯は毎日行うようにしましょう。バスタオルでしたら、体を洗ったあとに拭くわけですから、2日間くらい連続して使用しても問題ありません。梅雨の時期は洗っても乾きにくいので、部屋干し用洗剤と除湿機などをうまく活用しましょう。

家族で一つのタオルを共用するのであれば、もっと少なくてもかまわないでしょう。

貰い物としてタオルが複数ある場合は、古いタオルを雑巾代わりにして、新しいものを使っていきます。全部取っておこうと思わないことが重要です。