リビング

twitter google+ LINE はてなブックマーク

リビングは一人暮らしをしているのでなければ、複数人が使用する場所となります。このため、全員に同じルールを適用できるよう、ルールの徹底を図りましょう。ルールを紙に書くなどがポイントとなります。

ボックスを用意

リビングは複数の人が使う場所ですので、各個人が物を置けるスペースを用意しておくと良いでしょう。収納ボックスを人数分用意しておき、各人に固定した収納ボックスを決めます。もし、リビングに物を置きっぱなしにした場合などは、その人の収納ボックスに入れるようにします。

もし、収納ボックスが満タンになれば、捨てるとルールを決めておくと良いでしょう。

捨てる前に、各人がボックスごと自室に持っていくように促しましょう。

ビデオテープ

今の時代はHDDレコーダーが主流です。HDDレコーダーはテープの必要が無く映像の保存ができます。ビデオテープのように外部の記録媒体が不要のため、スペースの確保が可能となります。

まずはHDDレコーダーを購入することをお勧めします。ポイントはビデオテープも読み込めるHDDレコーダーです。

HDDレコーダーを購入したら、ビデオテープのデータをHDDレコーダーに移行します。これでビデオテープは不要になります。

HDDレコーダーに入ったデータはDVDディスクに移動できます。DVDディスクはビデオテープよりサイズが小さいため、保存がしやすいかと思います。

保存できるDVDディスクはいろいろと規格があるため、取扱説明書などでしっかり確認しましょう。

ビデオテープが無くなれば、かなりの場所を確保できますので、率先して購入することをお勧めします。

オーディオ機器

すでに使っていないオーディオ機器は処分してしまいましょう。あるだけで場所が無駄になります。「場所も金なり」です。

ヘッドホンなどは、使っているもの以外処分します。特に、安物の貰い物のヘッドホンは遠慮なく捨てましょう。

このほか、最新のポータブルオーディオプレイヤーを購入したのであれば、古いものを処分していきます。データの移行のし忘れが無いように注意しましょう。

パソコン

フロッピーディスクはすべて処分します。必要なデータがあるのであれば、ハードディスクの方に移動させておきましょう。今後、フロッピーディスクが使われることはほとんどありませんので、パソコンを買うときにフロッピーディスクドライブが無いものを選択できるようになります。

同じくMOディスクなども処分対象にしましょう。すべてデータをハードディスクドライブの方に移行させます。MOもほとんど使われることの無いメディアとなっていますので、データをすべて移行させたら周辺機器も処分してしまいましょう。

パソコンを購入したときにいろいろとケーブルがついてきますが、古いパソコンのケーブルをそのまま残してある人もいるかと思います。こうしたものは遠慮せず捨てていきましょう。ただ、時折ほかの機器に流用できるケーブルもありますので、ほかにもパソコンを買ったり周辺機器を買うような人であれば、いくつか残しておくのも良いでしょう。

説明書は一度も読んだことが無いのであれば捨ててしまってかまいません。特に複数台のパソコンがあるのであれば、一つが壊れてももう一つのパソコンでネット検索で情報を調べられます。

雑貨

雑貨はいろいろとありますが、まず、こまごまとしたものは処分していきましょう。小さな飾りを多数飾っていることもあるかもしれませんが、そうしたものはできるだけ処分しておくことで、掃除をするときも楽にできます。

記念の品などもあるので、捨てにくいかもしれませんが、しっかりと取捨選択をしていくことで、すっきりとした部屋になることができます。

旅行土産なども思い入れが薄いものは捨ててしまいましょう。

薬は、常備薬と病院などにいったときに貰える薬があります。常備薬は必要なものだけ用意しておきます。病院から貰った薬は、その病気が治ったらすぐに捨てます。もし、似たような病気にかかったらまた飲む、と思っている人もいるかと思いますが、同じ病気かどうかは医者が決めることですので、個人で勝手な判断で決めない方が良いでしょう。

また、薬にも消費期限があります。古い薬を飲むことをしないためにも、病気が治った段階で捨てることをお勧めします。

ドライバー

十字ドライバーなどは一セットあれば十分です。もし、複数セットあるようでしたら、より良い方を残して処分しましょう。

ゲームソフト、DVD、CD

ゲームソフトやDVD、CDは中古屋などで気軽に買えるものであれば処分してしまいましょう。中古屋に売ってしまうのもお勧めです。

ゲームソフトやDVDはネット経由ではソフマップ・ドットコムで売ることができます。

CDはパソコンでデータ化してしまい、とっとと処分しましょう。