風呂場

twitter google+ LINE はてなブックマーク

まず、使っているものと使っていないものを選別します。シャンプーやリンスなど、新しいものを買ってしまい、古いのが残っている場合は、使い切ってしまうか、いっそのこと捨ててしまいます。特に、別のメーカーやブランドの物を買った場合、片方を使わずにいることが多くありますので、どちらかに決め、使わないと決めた方を捨てましょう。

試しに買ってみたけれども使い心地が悪くてそのままにしてあるものも捨てましょう。使わないのですから、勿体無いと言って置いておく必要性がありません。捨てようが置いておこうが、すでに勿体無い状態なのですから。

入浴剤なども使わないのであれば捨てましょう。

オケを用意している人もいるかと思いますが、シャワー中心の人などはオケの必要性が薄いと思います。必要無いと思った段階で処分してしまいましょう。

マットを敷いているところもあるかと思いますが、無くても問題ないことがほとんどです。カビの原因にもなりますし、掃除も面倒ですので、マットを捨てることも検討しましょう。特に、イスに座って洗うのであれば、タイルなどのひんやりした感覚は足の裏以外受けることはありません。

風呂掃除の道具もいろいろとあるかと思いますが、ほとんど使わないものであれば処分してしまってもかまいません。何かほかで代用できないかを考えて見ましょう。洗剤・スポンジ・歯ブラシの3点でも十分掃除が可能です。